スーツの男性

お得な情報てんこ盛り|不動産売却は一括査定サイトを活用

住民へのサービスを強化

スーツの男性

新築物件は減少傾向にある

日本の人口は高齢化時代に入り新築の分譲マンションの建設戸数も少なくなってきていますが、大都市部では高層のタワー型マンションが建設され1棟当たりの総戸数が多い建物が増えて来ています。その影響もありマンション管理会社の1棟当たりの管理戸数も増えています。ランキング上位のデベロッパー系列のマンション管理会社では管理受託戸数も毎年増加している傾向が伺えます。そして毎年のランキングを見ても上位のマンション管理会社に変化は少なく、マンション管理適正化法施行依頼マンション管理会社は国への登録制となって、国家資格を持った者を管理するマンションの数に応じて届ける様になって、マンションに住む住民の目も厳しくなってより良いサービスを求めて来ています。

サービスの質を知る事から

マンション管理会社は管理組合からの業務委託契約によって日々の管理を行っていますが、ここ数年多くなった管理会社変更いわゆるリプレイスの際には気を付けて置かなければならない点が幾つかがあります。それは、マンションに付随している設備によって管理委託費が大きく違っているからです。都市部では敷地面積が狭い分土地の有効活用として、駐車場の多層化や機械式駐車場を導入しておりメンテナンス費用は大きくなる傾向になっているからです。その為他のマンションと比較して自分が住んでいるマンションは管理委託費用や管理費等が高いと安易に感じている住民もおり、単に管理委託費や管理費が高いからと管理会社を変更しない様に様々な面から精査するようにしましょう。発表されているランキングでは管理戸数の増加は判りますが、ランキングでは見えてこない部分も多く、現在管理委託しているマンション管理会社は自分達にどのようなサービスを提供しているか確認する事も必要です。